お年玉をもらったおじさん

おじさんは親からお年玉をもらいました。
毎年もらってるわけではありません、貰ったのは5年ぶり?ぐらいです。
私はいらないと言ったけど、去年は家の事をいろいろ手伝ったからそのお礼らしい。

子供の頃はお年玉をもらったら中身関係なくうれしかった。
当時5000円とか1万円とかあればあれもこれも買えるとか大金だったからうれしかったが、今になってみれば大体の物は自分で買えるし、多少のお金を貰ったところで特に欲しい物も無いしあの時のような嬉しさは全くなかった。

人からお金をもらうのに抵抗があります。
ある程度貯金が出来て大体の物は自分で買えると思うようになったのもあるけど、何もしないでお金を手に入れるのはなんか違うと感じています。

そもそも今の会社の給料日すらよくわかっていないので、お金は好きだけど、あまり興味が無いと言ったところでしょうか。

給料は大体いくらになるか計算すればわかる、残業で多少上下するけど上限は決まっているし、とりあえず会社に行けばこのぐらい貰えるというのが何年も働いているとわかってきて感覚がマヒしてきます。
めちゃくちゃ働いてもサボっていても時給×労働時間は固定、これがつまらない。

私にとって、人から貰った1万円<自分で稼いだ1万円なのです。
労働も自分で稼いだお金なのですが、何もしなくても1日居ればくれるお金なので何かして手に入れた感じがしない。

投資とか副業で稼いだ1万円は自分で行動しないと発生しないお金なのでこっちで稼いだお金の方が達成感はあります。
コロナショックの時リスクを負って買いに向かった結果今の含み益があるし、ギャンブルだって行けると思ったから投資してリターンを得た時は達成感がある。

数千万円持ってれば数万円なんて誤差みたいなものだから、その辺の感じ方の違いがあるのかも・・・
人から貰うお金なんてせいぜい数万円ぐらいだし、これがもし何百万とかもらえるってことになったら何か感じる物があるのかもしれません。

働き始めた時数千万なんて貯めるの無理だと思っていたけど、実際手にしてみたらあの頃より使っていないし、貯金を減らさないように守りに入っているような気がします。

私にとってお金とは何かを手に入れる手段ではなくて、嫌な事をしなくていいようにする手段になっているのかもしれません。

このお金で親に何か買ってあげよう。

日記…みたいなもの
スポンサーリンク
関連コンテンツ
あさげをフォローする
スポンサーリンク
しばられない自由な生き方を求めて ~Live Free~

コメント