ネオモバ(端株)投資報告 vol.39 ~イオンFS減配~

2020年7月第2週目の【SBIネオモバイル証券】投資結果報告です。

スポンサーリンク

口座状況

保有資産合計現金残高株式評価損益保有Tポイント
¥206,626¥71,561¥135,062¥-11,544500

先週より-5.000円となってしまいました。
金額的にはたいしたことありませんが、損失率で見るとかなり大きくなっています。

売買

買い

日付コード銘柄平均約定単価株数使用Tポイント
7月9日8570イオンFS¥956.020
7月10日8570イオンFS¥889.010
7月10日8306三菱UFJ¥410.010
7月10日2914日本たばこ産業¥1,930.010

大幅減配をしたイオンFSを買い増し、三菱UFJとJTも下がってきたので追加購入しています。

ポートフォリオ

コード銘柄保有数平均取得単価損益
2914日本たばこ産業18¥2,258¥-5,904
5108ブリヂストン9¥3,693¥-2,727
6301小松製作所6¥2,074¥516
7267本田技研工業4¥2,441¥782
8306三菱UFJ24¥459¥-1,176
8316三井住友FG6¥3,017¥-222
8570イオンFS11¥1,165¥-3,036
9437NTTドコモ3¥2,861¥223

イオンFSの株価が大きく下がった、の一言です。

まとめ

イオンFSは1994年に上場して以来初めての減配だそうです。
他の銘柄も次々と減配していっています。

こうなってくると日本企業は何も信じられなくなってきました。
メイン口座で保有している銘柄も配当未定とか、減配してきているので、今回のコロナの影響はすさまじいものなんだと改めて思います。

日本で唯一大丈夫と思えそうなのは、連続増配日本記録継続中の花王ぐらいですかね。

アメリカでは50年以上連続増配中の銘柄もいくつかあります。
PG、JNJ、KO・・・等々、何事もなかったように増配していますね。

がんばれ日本!

コメント