パソコンのHDDをSSDへ交換してみた(ノートPC版)

会社の作業手順書を読んでも一切理解できません。
YouTubeやブログの方がかなり解りやすく説明してくれていると思います。

スポンサーリンク

SSD換装

私のパソコンは2013年製なので、動きが遅い。
ゲームはしないので、そんなにハイスペックなものはいらないのですが、個人的な趣味でハイスペックなものが必要なソフトも使っています。

パソコンの電源を入れた時の立ち上がりが遅く、Windowsが立ち上がった後も何かしら動いていて普通に使えるようになるまで2~3分ほどかかってしまいます。

前から気になっていたHDD→SSDに入れ替えると一瞬でWindowsが立ち上がると言う情報を試してみることにしました。

準備する物

①パソコン本体
これが無いと何も始まりません。

②SSD(内蔵型)
パソコンに保存されているすべてのデータをそのままコピーするので、今使っているHDDの容量を確認してそれより大きい又は同じ容量のSSDを選びます。

③SSDケース(内蔵SSDを外付けにするケース)
買ったばかりのSSDはパソコンに差しても何の反応もしないので、USBで繋いでパソコンに認識させるために使います。

④EaseUS Todo Backup(フリーソフト)
窓の社から無料でダウンロードできます→こちらから

2.5インチHDDですが、私のは厚さ9.5mmありました。
通常SSDの厚さは7.5mmなので、そのままつけると2mmほど浮いてしまいます。
なので私は、9.5mmスペーサー付属品を購入しました。
7.5mmのHDDならスペーサーは不要。

今思えば何でも適当に2mmの物を詰め込んでもよかったですね。
スペーサー付きのを選んだので少し値段が高くなってしまいました。

適当に詰め込むなら熱対策はお忘れなく。

SSDをPCに認識させる

まず購入したSSDケースにSSDを取り付けて、USBでPCと接続します。
この時点ではマイコンピューターの中に新しいドライブとして表示されません。

スタート→システムツール→PC(右クリック)→その他→管理と進みます。
※マイコンピューター右クリック→管理でも行けるはずです。

コンピューターの管理画面から、記憶域↪ディスクの管理
先ほど接続したSSDが「未割り当て」になっているので、この項目を右クリック→新しいシンプルボリューム作成をクリック。

後は画面の指示通り「次へ」連打でOK
完了すると認識されるので、マイコンピューターから確認をします。

クローンを作成する

EaseUS Todo Backupを起動します。

ここでHDDの中身を丸ごとSSDへコピーして、全く同じものを作ります。

EaseUS Todo Backupの使い方は省略します。

詳しく知りたい方は公式ページにて確認お願いします。
EaseUS Todo Backupの公式HPは→こちらから

私の場合530GBのコピーでおよそ2時間ほどかかりました。
USBは2.0です。(PCが3.0に対応していない)

HDD→SSDへ交換する

コピーが終わったらPCをシャットダウンして、ドライブの交換作業になります。
この作業はお使いのノートPCによって違ってくるので交換方法はPCより異なります。

PCをシャットダウンしたら、まず最初にバッテリーを取り外します。
※バッテリーを取り外さずに作業すると、感電や故障の原因になるので注意

①HDDを取り外す
②元からついているカバーを取り外しHDD本体と分けます。ネジは横に4本。
③SSDとスペーサー。
④スペーサーを取り付けます。

元からついていたHDDカバーをSSDに取り付けて、PCにSSDを取り付けます。

私のPCの場合、HDDとSSDは同じ2.5インチなので大きさは同じで、高さが違っていたのでその差を埋めるために2mmのスペーサーを取り付けて同じ高さにしています。
※HDD:9.5mm SSD:7.5mm

こんな感じで交換しました。
HDDに初めからついているカバーは流用します。

後はバッテリーを取り付けてWindowsが立ち上がれば終了となります。

タスクマネージャー

私の使っているPCのスペック、7~8年前のノートPCですので貧弱ですが・・・

HDDの時に気になっていたのが、ディスク使用率です。
立ち上げた時100%に張り付いていたし、使用中でも何故か100%に張り付くことがあり重かったのが無くなりました。

よくわかりませんが、メモリの使用率も10%ほど低下しています。

交換してみての感想

私のパソコンも古いとは言え、めちゃくちゃ立ち上がりが遅いわけではありませんでした。

SSD換装の事はだいぶ前から知っていたけど「そんなに変わらんだろ」思っていました。

交換してみてPCを立ち上げると明らかに違いが判ります。
時間とかは測ってないので正確な数字はありませんが、体感でわかるレベルで早いです。

HDDの時はデスクトップが表示されてからも2~3分待たないと重たかったのに、SSDにしてからはデスクトップ表示→即ソフトが普通に動き出します。
後、シャットダウンもかなり早いです。

CPUとメモリが一昔前の物なのでアプリケーションの動きは今まで通りですが、立ち上げ立ち下げが早いだけでこんなにも快適にPCを使うことができるのですね。

トラブルもなく無事SSD換装作業が終わってよかったです。

一度SSDに手を出すと、もうHDDには戻れません、快適すぎる。

日記…みたいなもの
スポンサーリンク
関連コンテンツ
あさげをフォローする
スポンサーリンク
しばられない自由な生き方を求めて ~Live Free~

コメント