不思議な光景を見た

昨日の夕方、コンビニの前でケンカしている二人を見かけた。
一人は車、年齢は30歳前後(Aとする)
もう一人は原付、年齢は40歳前後(Bとする)
二人の関係は会社の先輩・後輩と推測する。

私がコンビニで買い物を終えて出てこうとしているところに二人がきて、コンビニの駐車場に駐車。
そしてケンカが始まった。

なぜ職場でしないのか、なぜコンビニの駐車場でいきなり始まったのかは不明。

おそらく仕事帰りであろう。
会話の内容から、二人は会社の同僚で、新人君に対するAの態度が悪いとかなんとかで、BがAに対して怒ってケンカしているようだった。

私はその近くに車を止めていたので、少し窓を開け、携帯をいじっているふりをしながら会話を聞いていた。

Aは車の中、Bはその車のドアを開けて怒鳴っている。
詳しい会話の内容はわからなかったがよほど頭にきていたであろうBは、Aに対して何度かケリを入れている暴力的な行為も何度かあった。

社会人になったら手を出したら負け、冷静さを失ってはダメ、冷静になればほとんどの人とは話し合いで解決できる。
というのが私の考えで、このBの行為は、異常な行動に私の目には見えた。
若いAの方が冷静で、話し合いで相手を落ち着かそうと冷静に説得していた。

相手が先輩で年上ともあればそうならざるを得ないのもわかる気がするが、Aは立派だった。

用事があったので10分ほど話を聞いて、終わりそうもない雰囲気だったのでそのまま帰宅した。

私にとっては会社のことで怒れるということが不思議でしょうがない。
会社=お金、同僚とは表面上の付き合い、適当にしていれば怒ることなどめったにない。
失敗をしてこちらに迷惑がかかっても、それは仕方のないこと。
人間だから失敗もする、誰かが補えばいい、それが組織というもの。

私には働く気がない、ついでにやる気もない。
最低限のこと、言われたことをやっていれば問題のない職場なのでそれでいい。
昇進なんてしたくない、がんばっても給料は上がらない。

はっきり言ってどうでもいいことに見えた。

組織の中にはそうやって怒ってくれる人も必要かもしれないが、手を出している時点でその行為は世間から否定されるだろう。

私は組織の中にいることに向いてない、何が起こっても無関心。
お金さえもらえれば他人のことなんてどうでもいい、という人間である。

これからもBみたいな人間には関わらない、関わりたくない。
会社は上司や同僚は選べない世界なので、関わりたくないのならばリタイアをして自由に生きようと思う。

日記…みたいなもの
スポンサーリンク
関連コンテンツ
あさげをフォローする
スポンサーリンク
しばられない自由な生き方を求めて ~Live Free~

コメント