人生再設計第一世代・・・壊れたらもう元には戻らない

「就職氷河期世代」の事を「人生再設計第一世代」と名称を変更したそうです。

これに関して色々批判もあったそうですが、私もこの世代の1人として言わせてもらうと、呼び方なんてどうでもいい、生活保護を払いたくないからって何を今さらこんなこと言っているんだ?と思っています。

卒業してからまともな職に就けず、派遣や非正規で生活の為だけにブラック企業を転々としてきた人たちの心はもう壊れているのですよ。

今は売り手市場と言われていますが、それでも有名な人気の大企業に入ることは難しい。
私たちの時代は労基を守っている普通の会社に入ることが難しかった。

で、働かなければお金は手に入らないから、仕方なく数少ない求人に応募した結果ブラック企業で働いていたのです。

低賃金で奴隷のように使われ、派遣や非正規は雇用調整の為に会社の業績が悪くなったら捨てられを繰り返しながら年を取ってきた。

景気が良くなってきたら人が足りないとか言って新卒ばかり取るようになった。
当然企業からしたら、無駄な知識を付けた中途半端な中年より、洗脳しやすい何も知らない若い人を取りたい。

私が今派遣で働いている会社も、過去に働いていた会社も30~40歳の人が極端に少ない。

政府の方針とは言え今更そんな中年を企業が採用するのか?

20年近く放置されてきたのをたった3年でどうにかできるわけがない。
支援って何をするのか知らないけど、採用する側の会社次第ではないのか?

まず経営者の考え方をまともにする方が先だろ!

もう正社員を諦めたり、親の介護をしなければいけない人もいたり、ブラック企業で心を折られている人もいるのです。

人は機械じゃないから壊れてしまったら、なかなか元には戻らない。

私も20代前半の頃は今より社交的だったと思う。
いろんな会社を転々としてきて、少しづつ人と接するのが怖くなってきた。

私はまだマシな方

私が働いてきた職場は1社を除いて、人間関係も比較的良好、労働時間もきっちり守られていたが、全ての企業で賃金が安かった。

20年近く働いてきて、年収が300万を超えたのはわずか数年。

そして半年間無職をして仕事を探した結果・・・この歳になって仕事を辞めてしまったら、派遣ぐらいしかまともに給料がもらえるところが無かった。

まだ1年経ってないが今年の推定年収は250万ほどの見込みです。

働きたくない

国が就職の支援をしてくれるのはありがたいことだし、否定もしない。
この支援によって救われる人も多く出てくるだろうと思います。

私は会社での人間関係や働くことに疲れました。

もう就職氷河期の事は忘れてそっとしておいてほしい。

みんなこの世の中に疲れてしまっているのだよ。

日記…みたいなもの
スポンサーリンク
関連コンテンツ
あさげをフォローする
スポンサーリンク
しばられない自由な生き方を求めて ~Live Free~

コメント

  1. ベーシックインカム(月8万程度)を導入すれば救われる人はかなり多いんじゃないかと感じます。働きたくない人が働いても効率悪いだけの気がしますね。

    • あさげ より:

      無理に労働をさせるのは意味がありませんね。
      お金で救われる人がいるなら、それも検討してほしいところです。