会社で昼ご飯を食べない理由

私は昔から会社で昼ご飯を食べていません。

もちろん、今まで勤めていた会社全てに昼のご飯休憩はあったし、食事手当?みたいなのもきちんと支給してくれていました。

昼ごはんの時間になると、一緒に仕事をしている人たち、みんなでご飯を食べに食堂に向かいます。

大勢で食事しているとなると、会話をしなければいけません。

仕事中は何かしているふりでもしておけば必要最低限の会話で済みますが、会社内とはいえみんなで食事している以上、ずっと無言というのもどうかと思います。

話の内容なんて、休みの日何してた?とか、ちょっとした仕事の内容から世間話まで・・・

私にはその会話すらめんどくさいのです。

だからできるだけ人と会話しないでいいように昼ご飯を食べるのを辞め、休憩室の隅っこで1人スマホを弄っていました。

これは今の派遣先の会社だけでなく、かなり昔から会社内では人とのかかわりを持たないようにしてきました。

時には腹が減って力が入らなくなることも度々。

そんなことよりも会社の人間とは関わりたくない、できるだけ会話をするのを避けてきました。

今までの会社は仕事中は外出禁止のところばかりだったので、昼休憩に外に出てコンビニでご飯食べて・・・みたいなこともできませんでした。

今の派遣先の会社も同じく外出禁止なのですが、駐車場の自分の車まで行くのはかまわない。

弁当を持って来て昼食べればいいと思いますが、長年仕事中は昼ご飯を食べない週間になっているので、今更食べたいとも思いません。

そんなことよりも一刻も早く帰りたいとしか思わなくなりました。

しかも、派遣では食事手当なんか出ない。

1食400円?(忘れた)ぐらいなので、20日出勤なら月8000円もかかります。

昼食べないのは慣れているので、今更月8000円も払って会社の連中と苦痛を味わいながらご飯を食べるなんて無理。

これからも1人になれる時間は徹底的に人と関わるのを避けていきます。

 

やはり私にサラリーマンは向いていない。

派遣日記
スポンサーリンク
関連コンテンツ
あさげをフォローする
スポンサーリンク
しばられない自由な生き方を求めて ~Live Free~

コメント