働かないという選択

働きたくない
一定期間ごとに発症するこの病気。

朝起きたら行きたくないと思うのではなく、業務が終わって帰ると、明日も仕事…行きたくないという感じになります。

労働というより一定時間拘束されるというのが一番嫌なのです。
たいしてすることもない会社に、1日決まった時間拘束され仕事するふりをしなければいけない。
こんな無駄な時間、もったいないです。
それで給料貰っているのだから…と言われれば反論しようがないのですが。

朝起きたくない、毎日好きな事をしたい、働きたくない、お金が欲しい。

労働…何故働かなければいけないのだ!
1度きりの人生好きなようにさせてくれ!

今思えば、子供の時から洗脳されてたるような気がします。
勉強していい中学・高校・大学に行って安定した会社(大企業・公務員)に入る。
結婚して、子供が出来たら家を建てる。
そして定年まで働く。

ほとんどの人がこのように教えられてきたのではないでしょうか。

適当な会社に入って節約してお金を貯めて、そのお金を運用する。
ある程度お金が溜まったら定年前にリタイアして自由な時間を過ごす。

こんなことは学生時代に1度も聞いた事がありません、社会人になって、自分で調べたり会社の一部の人から聞いたりしたぐらいです。

定年まで働くことが日本では正当化されるので、仕方ない事だと思いますが、リタイアという選択肢もあることを教育に入れて、もっと若いうちに知りたかったです。

日記…みたいなもの
スポンサーリンク
関連コンテンツ
あさげをフォローする
スポンサーリンク
しばられない自由な生き方を求めて ~Live Free~

コメント