田舎ではコロナ感染しただけでは済まない

ここ最近感染者数が全国で増加しています。

人口が多いから人の移動も多いので、何の対策もしていないと感染者が増加していくのは普通の事だと思います。

私が住んでいる田舎では、車は多く見かけるが道を人が歩いているところをほぼ見かけない。

いても散歩してる人、自転車に乗っている人、少しいるだけであの程度では感染するはずもない。

以前にも書いていますが、県全体で見ると感染者はいるが、市町村単位で見ると私の住んでいる周辺の感染者はいまだに「ゼロ」。

会社の人とか周りの人もみんな必要以外で県外に出ることはしていないようです。
もし感染でもしたらコロナ1号となり、噂がそこら中に広がって家に住めなくなる、もちろん会社にもいられなくなる。

村八分という言葉があるが、都会の人は田舎の恐ろしさが分かっていない。
Go To キャンペーンで全国にコロナがばらまかれたら感染しただけで人生詰んでしまう人も田舎には出てくるはずです。

医療関係者だろうが、大富豪だろうがそんなのは関係ありません。
感染したらただの病原菌扱い、徹底的に攻撃されます、それが田舎とというもの。

よそ者を受け入れない体質が今でもずっと続いているのです。
だから発展せず衰退しているのが現状。

ま、私は普段は家と会社の往復だけだし、休みの日は家に引き籠っているので大丈夫だと思いますが。

経済を回さないといけないし、経済回し始めると感染者が増えるし・・・政府も打つ手がないのだと思います。

テレビでは報道されていないけど、コロナによる死者数って今はかなり減っているみたいですね。

せっかく国がお金を出してくれるのだからGo To キャンペーンをもっと有効に使えるように報道すればいいのに。

ただ今じゃない感じはしますけどね。

田舎じゃ東京から来たなんて言ったら、返り討ちに会いますよ。

コメント