終身雇用は守れない、早期退職の選択を

経団連会長がついに本音を言っちゃいました。

「終身雇用は守れない」だそうです

何もしなくても会社にいるだけで年齢とともに上がる給料。

正社員はクビにできない法律。

新卒でそこそこの会社に正社員で入れば、定年まで安定した収入があるのが日本の会社の魅力でした。

安月給で働かされいつクビになるかもわからない、こんなところで働く意味って・・・。

45歳でリストラ候補

今ニュースになっている45歳でリストラ。

結婚して子供が大学に行き、家も建ててローンを払っているぐらいが45歳という年齢ではないでしょうか。

それ以降の雇用が保証できないとなると、結婚しない人が増えてくると思います。

ただでさえ低賃金なこの国で、終身雇用が無くなったら日本で働く魅力なんてないです。

どんなに成果を出しても同じ給料、45歳になったらリストラされるかもしれない・・・

海外はいつでもリストラできる代わりに、その人の能力に見合った報酬が与えられる国もあります。

日本は技術力で大きくなったのではない、低賃金で人を奴隷のように使うことで人件費を抑え、会社は利益を上げて大きくなっていたのだと思います。

優秀な人材はこれからますます海外へ流出していくのではないでしょうか。

無能な人間しか残らない

私みたいに、ある程度給料があれば適当に仕事をして、言われたことしかやらない人ばかりが日本に残り、日本が衰退していく未来が見えます。

少子高齢化、人手不足、これも自業自得。

自分の保身の事しか考えていない偉い人たちが、何もしてこなかった結果でしょう。

長年会社に勤めた人でさえ45歳になるとリストラ候補になるのだから、中年で無能な私なんてもう働く先はない。

さっさとリタイアして、自由に生きていこう。

日記…みたいなもの
スポンサーリンク
関連コンテンツ
あさげをフォローする
スポンサーリンク
しばられない自由な生き方を求めて ~Live Free~

コメント