給料が振り込まれていたのを忘れていた

毎月25日は給料日。

先月は30時間ほどやりたくもない残業をさせられたので、今月の給料はどれぐらい多いのだろうかと少し期待をしていた。

今月の最初までは・・・。

お盆休みに入る頃には今月の給料がいつもより多いことなどすっかり忘れていて、給料が入ったのが23日の金曜日、気が付いたのは昨日の事だった。

株の暴落で減っていく資産、増え続ける仕事・・・

株の暴落で減っていく資産の方が心配でそのことばかり気にしていた。

会社に行けば増え続ける仕事で頭がいっぱいで、会社員の唯一の楽しみである給料の事を忘れていた。

実際に給料を見てみると普段より多い、残業した分だけ多い。

けど、派遣社員は時給なので計算すれば給料日を待たずとも月末が来れば、労働時間×時給で簡単に給料が計算できる。

先月末には計算してこれぐらいになるだろうとわかっていたので、少しぐらい多い給料を見てもなんとも思わなかった。

貯金額が増えるにしたがって、給料が振り込まれてもあまり増えた気がしなくなる。

私の総資産は約2000万ほどあるが、この程度の給料をもらい続けていたら3000万になるのに後何年働けなければいけないのだろうと考えてしまう。

働き出した頃はお金が無かったので給料日が待ち遠しかった、これで美味しい物を食べに行こう、欲しかったものを買おうと思いながら仕事をしていた。

私はもとからケチな性格だったようで、そんなことを考えながらも仕事を続けていたらいつの間にか貯金が出来ていた。

無理をせず自分の性格に合った生活をしていたから続けてこれたし、お金も貯まっていったのだと思う。

20代中頃になると、欲しい物は買っていたしお金に困ったなんてことは記憶にない。
いつだったか忘れたが、その頃から給料日を嬉しく思わなくなっていたのかもしれない。

今月の給料は多かったが、それは私の自由な時間が減ったという事。

月10万もあれば十分で、そこまで働きたくないと考えている私にとって苦痛以外の何物でもない。

これも将来セミリタイアを成功させるためにお金を貯めないといけないので今は我慢。
楽しみはセミリタイア後に取っておこうと思う。

日記…みたいなもの
スポンサーリンク
関連コンテンツ
あさげをフォローする
スポンサーリンク
しばられない自由な生き方を求めて ~Live Free~

コメント