隣人のうるさい犬を黙らせる方法

住宅密集地で犬を飼うなら吠えないようにしつけをしろ。
そんな犬を放置している飼い主も頭がおかしいのだろうけど。

スポンサーリンク

隣人の犬が吠え続けてうるさい

私の家の近所に数か月前に引っ越してきた人が犬を飼っています。

犬自体は見たことが無いのですが、甲高い声で鳴いていることからおそらく小型犬。

夕方から夜にかけてアホみたいに吠え続けています。
隣だから夜テレビを見ているとうるさくて仕方ない。

最近までは暑くてエアコンをつけていたため、窓を閉め切っている状況だと何とか我慢できるぐらいなのだが、毎日吠え続けられるとさすがにイラっとしてきました。

しかもここ数日は涼しくなってきたので窓を全開にしている。
さすがに温厚な私でもブチ切れそうになっています。

そこで何とかならないのかと色々調べて実践してみた結果、効き目がありそうなところまできたので記録としてブログに書いてみました。

犬笛(Dog Whistle)

「犬 うるさい」と検索すれば色々出てきましたよ。
中には通報するとか生温い事も書いていましたが、あれだけうるさい犬を放置しているのだから飼い主の方も頭のおかしい人なので、話し合いなど通じるはずもありません。

そこで私が見つけたのが「犬笛」というアプリです。
Androidを使っているのでiPhoneにもあるかどうかは不明ですが、こんなアイコンのアプリです。

初めのうちは、吠えだしたら部屋を移動して犬からなるべく近くでスマホ音量最大にして鳴らしていましたが、あまり効果が感じられませんでした。

スマホだから音量が足りず犬に聞こえてないのかなと思い、スマホにスピーカーを接続して音量UP。

ここ数日家にいる時は、吠えだしたらこのアプリの音を鳴らしていたら、すぐに吠えるのよ辞めるようになってきています。

まだ完全に調教が終わっていませんが、犬にとってこの音は不快な音らしく、吠えたらこの音が聞こえてくると思い吠えなくなるそうです。

ちゃんとした犬笛なんて物も売っているそうです。
Amazonで1000円ぐらいなのでこれで効果が無ければ買って試してみるつもりでしたが、スマホのアプリでなんとかなりそうです。

人間の耳には聞こえない

犬笛の音は周波数によって人の耳にも聞こえますが、高い周波数だと人の耳には聞こえません。
よほど近くで聞かないとわからない。

近所迷惑が心配な方は自分の耳で聞いて、聞こえない周波数で試すといいと思います。

プロが訓練で使うような高い犬笛は、障害物や天候にもよるらしいですが3km先まで聞こえるのだそうです。

ちなみに私から隣人のうるさい犬までの距離はおよそ10m、もちろん家の壁などの障害物もいくつかあります。

それでも効果が感じられるということは犬には聞こえているのだと思います。

1週間試した結果

1週間犬が吠えたらスマホで音を鳴らす・・・こんなくだらない作業を繰り返した結果、特に改善は見られませんでした。
最初の頃は音を鳴らすと泣き止むと感じていたのですが、たまたま?だったのかもしれません。
夕方になると狂ったように吠え続けるのは変わらず。

スピーカーまで繋いで音量UPしているし、犬の声の聞こえてくる位置から考えてもそう遠くないし、犬までは届いているはず、まず疑ったのはスピーカー。

至近距離で聞くと人間の耳にもキーンと聞こえてきます。
出来るだけ音量をでかくしようとしていたので、もちろん音量はMAX、その状態で自分の耳で聞いていると音割れしていることが判明、キーンという音の中にブーンとノイズみたいな音が混じっていました。

16KHzを鳴らしている時だけなんか音がおかしいなとは思っていましたが、ただの音割れでした。
効果が無かったのは他の周波数でも音割れしていたのだと思います。

少し音量を下げるとキーンという甲高い音のみになりました。

こんな感じでもう少し調教を進めていきます。
結果はまた更新します。

コメント

  1. 他人の犬を調教できたらすごいですね!

    根本的に騒音を出してる側はそうとは思ってないから話が全然噛み合いませんので秘密裏に何とかできればいいですよね。

    • あさげ より:

      スマホから出る音はキーンっていう小さい音(健康診断の時にやる聴覚検査みたいな音)です。
      今のところ音を鳴らせば泣き止むのですが、またすぐに吠えだします。
      効いてるのかすら怪しくなってきました。
      スマホアプリのレビューには近くで鳴らすと効果あったってコメントを見かけたのですが・・・聞こえてないのかなぁ。。。

      もう少し様子を見てみます。

  2. ゆうげ より:

    タイトルに釣られてやってきました。

    私の場合、音の出る道具ではどうにもなりませんでした。
    どうしょうもない犬というのは、何をしても吠え続けます。
    吠える→飼い主が現れる、というパブロフの犬状態で、3時間ほどずっと吠えているのは普通です。

    対処方法(1)
    そういうのをしっかり録画して置いて、まとまった量になったら名場面集を集めて動画サイトに投稿しておけば証拠の確保になるし、もしも飼い主本人が見たら何か気づくでしょう。
    録画すると音量等が小さくてうまくいかないときがありますが、音声ファイルを編集するソフトを使えば多少失敗していてもなんとかなります。
    十分に証拠が集まって、第三者が見ても明らかに迷惑と言える証拠ができたら最終的には裁判をすればいいのですが、持ち家だとしたら勝っても負けても、そこに住みにくくなるのでそれは最後の手段です。

    対処方法(2)
    犬の鳴き声は防音素材で防げるので、自宅に防音パネルやカーテンを駆使して防音を効果を高める。

    対処方法(3)
    やりかえす。
    金の問題じゃないんだという所まで怒りが達している場合、自宅にエネファームを設置して室外機をその家の方向に向ける方法があります。これは低周波騒音といって壁をも突き抜けるエグイ騒音を出します。合法的に相手を心身ともに痛めつけることが出来るという現代版わら人形ですが、知識がない人なら気づくことは出来ません。

    対処方法(4)
    もう気が狂うレベルにまで怒りが達している場合で、かつ相手がDQNの場合には実力行使をします。
    餌付けして置いて、口輪をもって夜中に行って犬を静かにさらって行く。
    車で遠い所まで連れて行って、首輪を外してから放す。
    翌日その土地の保健所に連絡する。

    ま、しょうがない。