面接を終えての感想

昨日面接に行った続きです。
詳細や、思ったことを書いています。

昨日の記事はこちらから→本日、地元の企業に面接に行ってきました

私が地元にいないこともあり、面接の日程調整をしてくれて助かりました。
面接内容は思っていたよりシンプルでした。

私の経歴(辞めた理由)、志望動機、同業種という事もありこの会社でやってみたいこと等を聞かれました。
後は会社の説明と雑談みたいな感じで面接は終了。

その後、一般常識のテストがありました。
このテストが難しい…
求人票には簡単な一般常識のテストがあります、とだけ書かれていたので、勉強していない(一般常識なんて広すぎるので勉強しようがない)。

35歳までと書かれていたので、そこが一番の心配どころです。

今まで大企業とかその他有名な企業に面接に行ったことは何度かありますが、自己PRしろとか、志望動機を細かく聞かれたりと、そんなこと聞く必要があるのか?と言いたくなるようなことを上から目線で言われるような企業がほとんどでした。

今回の会社の合否判断はわかりませんが、最低限の事だけ聞いて、雑談も含め私的には好印象でした。

ネットで面接対策を調べていると、面接の終わりに何か質問はありますか?と必ず聞かれますので、質問を準備しておきましょうと、どこのHPに行っても書いてありました。

もちろん私も今回聞かれました。
同業種というのもあり、質問しやすかったので、簡単なことをいくつか質問して終わりました。

面接に行く前、合格率は30%程度と予想していましたが、面接を終えて50%ほどに上昇。(勝手な予想)

心配なのはやはりテストの結果、ほとんどできていないので、どこまで採点に含められるかによって変わってきます。
これは自分ではどうしようもないこと、出来なかった自分が悪いと思っています。

来襲中には結果の通知をしますという事なので、結果を待つのみ。

転職関係
スポンサーリンク
関連コンテンツ
あさげをフォローする
スポンサーリンク
しばられない自由な生き方を求めて ~Live Free~

コメント