魔法のカードが便利すぎる

魔法のカードとはお金を払わなくても物が買えるとても便利なクレジットカードの事。
使った分は後で請求されるのだが・・・

私は今までクレジットカードをETC以外で一切使わなかった。

今年10月に消費税が10%に増税され、キャッシュレス決済をするとお得に買い物が出来るとの事なので、新たに買い物用のクレジットカードを作り、先月1ヶ月ほぼすべての買い物をクレジットカードを使ってみた。

買い物は現金からキャッシュレス決済へ

この歳になるまで買い物は現金で支払うことしてきたため、いざクレジットカードを使ってみると、お金を払わずに店から出ていく時に罪悪感を感じている。

だが、1ヶ月カードを使い続け慣れてきたら、これほど便利なものは無いと思うようになってきた。

昔はネットで買い物をするときも着払いをしてきたが、今では寝ながらスマホで買い物をするほどになった。

簡単に買い物が出来るから無駄遣いも増えてきて、10月はケチな私の中ではかなりいろいろな買い物をしてしまった。

お金が減らない(錯覚)

先月とある遊技場で臨時収入があったので、財布の中には現金10万円ほど入っている。

あれから1ヶ月ほど経過したが、ほぼ現状維持で財布の中のお金が減っていない。

使った分は月末に銀行から引き落とされる、それはわかっているが手持ちの現金が減っていかないと「まだこんなにある」と感じて、買い物をしてしまっている。

カードで破産する人なんて元々金遣いの荒い人だろうと思っていたが、金銭感覚が無くなる気持ちも少しはわかってきた。

私はセミリタイアの為にこんな無駄遣いをしている場合ではないので、今からはケチだった今までの感覚に戻していかなければいけない。

とりあえず欲しかったものは買ったので、暫くネットでの買い物を控えるようにしないと・・・

と思いながら、週末は外付けHDを買いに行くつもり。

コメント